梅の意匠

2月に入り、間もなく立春。暦の上では春になります。

各地でそろそろ梅まつりが開かれる頃ですね。

「東風(こち)吹かば にほいおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」という菅原道真の歌は有名です。

MOA美術館所蔵の国宝「紅白梅図屏風」(尾形光琳)も、毎年この時期に展示されます。

今年も3月17日まで見ることができるようですよ。

若い頃は梅より桜の方が好きでした。

梅って、なんとなく渋い(?)感じがしていたように思います。

年齢が追いついてきたのでしょうか、最近は梅が好きになってきました。

右の写真は京都・北野天満宮の「北野福天神」というお人形です。

以前に梅の咲く頃訪れて、記念に買いました。

天神さんの胸にはお決まりの梅が描かれています。

梅の文様は、着物や帯に取り入れられていることがありますが、お茶の道具にもたくさん描かれています。

右は槍梅(やりうめ)、

左下は捻梅(ねじりうめ)

右下は梅の花を真上から見た形をそのまま表した梅鉢(うめばち)その他にも光琳梅や八重梅など、梅の意匠はたくさんあります

写真:「茶道具に見る日本の文様と意匠」森川春乃著

「くらべて覚える 風呂の茶道具炉の茶道具」淡交社編 

 

 

茶道具だけでなく名物裂の中にも、梅の意匠を見ることが出来ます。

こちらは藤種(ふじだね)緞子という裂。大名物「利休丸壺茶入」の仕覆に使われています。

 

松竹梅という言葉がありますから、梅は日本人にとって

昔からなじみ深い花なんですね。

中国から伝わった四君子(しくんし)文様は日本でも吉祥文様とされていますが、蘭・竹・菊・梅のことです。

梅はこちらにも入っていますから、古くから愛されてきた花なのでしょうね。


「利休のかたち」展

見に行きたいと思っていた展示会がありました。

松屋銀座で開催中の「利休のかたち」展です。

暮れから始まっていましたが、年が明けてもなかなか行かれずにいました。

先日東京に出なければならない用事が出来たので、何とか足を運ぶことが出来ました。

20日までの会期はもう終わりに近づいて、ちょっと混んでいましたが。

 

お茶の道具には「利休形(りきゅうがた)」と呼ばれるものがあります。

その名の通り、400年前に生きた千利休が定めたり好んだりした茶道具の「かたち」です。

その「かたち」は崩されることなくに400年以上も引き継がれてきました。それは、私たち日本人が「美しい」と感じる「かたち」に他ならないからかも知れません。

利休形の茶道具たちは、どれも端正で凛としています。

もうこれ以上どこもいじれない、という緊張感に満ちています。

 

それら「利休形」の茶道具を今日まで作り続けてきた職人さんたちがいます。

「千家十職(せんけじっしょく)」と呼ばれる10軒の職家で、楽茶碗を焼く茶碗師、塗り物の塗師、釜を焼く釡師・・・など、茶道を伝える千家と共に400年以上にわたってその伝統を守り伝えて来ました。

今回の展示会では、利休形の道具を作る上で必要な、それぞれの職家に伝わる「型」も展示されています。

 

「侘茶(わびちゃ)」という言葉がありますね。

展示された茶道具のほとんどに装飾はありません。

                  目で見て確かめられる技巧が施されているわけでもありません。

もしかすると、欧米の方が見てもよくわからないかも知れませんね。

私には、ものすごい存在感で迫ってくるのですが。

 

 

乾燥する季節

今年も本当にあとわずかになりました。

スッキリと晴れた日には、この辺りですと筑波山がくっきり見えます。

 

 天気が良い日は洗濯物も良く乾いて気持ちが良いですが、乾燥が気になってきました。

私の場合、エアコンの効いた場所にいると、目も乾いてきます。

そんな時にマスクをすると、乾燥も防げる上に、マスクの上部から息が漏れて目も潤してくれるという一石二鳥な状態に。

これからの季節には、使い捨てのマスクは欠かせません。

裏千家の家紋・銀杏の葉入りの帛紗
裏千家の家紋・銀杏の葉入りの帛紗

手も直ぐにガサガサしてきます。

お茶のお稽古には、いつも写真ような帛紗(ふくさ)を使いますが、

指先がガサガサだととても使いづらいんです。

基本的に帛紗は正絹でなめらかですが、ガサガサの指先だと帛紗が引っかかってしまうことに。指先のガサガサは目で見てそれ程に思わなくても、お点前を始めると直ぐにわかります。

ですからお稽古の日の前の晩は、いつもよりしっかりハンドクリームを塗って寝ることに・・・。

若い方には関係の無い話ですが。

もう一つ、今の時期に悩ましいのが静電気。

着物を着る時、ポリエステエルの長襦袢を着ていると静電気が発生して歩きにくいことがあります。

静電気は異なる素材で出来た衣類がこすれることで発生。

ですから、絹の長襦袢に絹の着物を着ている場合は、静電気は発生しません。

静電気を発生する素材は、もともと帯電しにくい綿や麻を中心にして、

「+に帯電しやすい」順に、レーヨン⇒絹⇒ウール⇒ナイロン

「-に帯電しやすい」方に向かって、アセテート⇒ポリエステル⇒アクリル、と続きます。

近い素材同士の方が静電気は起きにくく、離れているほど静電気が起きやすくなります。

 

どうしても歩きにくいときは、静電気防止のスプレーを使うと良いそうですよ。

これは着物の方ではなく、長襦袢の方に。

それから先程ハンドクリームのことを書きましたが、着付けの前にハンドクリームをつけてはいけません。

着物が汚れますから、ハンドクリームは着物を着てから、ね。

 

 

「美濃の茶陶」展

お茶の友人と、サントリー美術館で開催中の「美濃の茶陶」展に行って来ました。

「美濃の茶陶」とは、桃山時代に美濃で作られた黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部などの茶の湯のための焼き物です。

これらの焼き物を、「姿を借りる」「描く」「歪む」「型から生まれる」の4つのキーワードから探ろうというのが今回の展示会の試みです。

 

一口に美濃の茶陶と言っても、その内容は様々。

茶碗の他に花入れや水指、食器の器や鉢など創意の富んだたくさんの作品を見ることが出来ました。

 

会場の「近代数寄者と美濃焼」のコーナーでは、近代の数寄者と呼ばれる人たちが所有し、現在美術館で拝見するような名品の数々がズラリ。

これらの作品を一度に鑑賞できるとても良い機会にもなっています。

 

展示会パンフレットの裏面
展示会パンフレットの裏面

私が嬉しかったのは、「昭和の美濃焼復興」のコーナーで、

荒川豊蔵と加藤唐九郎の作品をじっくりと味わえたこと。

荒川豊蔵は、昭和5年に岐阜県可児市久々利大萱(美濃)の古窯跡から志野茶碗の陶片を発掘したことで、それまで志野茶碗が瀬戸で焼かれたとされていたのを、瀬戸ではなく「美濃」と明らかにした人。

後に人間国宝に認定されました。

 

もう一人の加藤唐九郎は、荒川豊蔵と同時代の人。

瀬戸の陶工の家に生まれ、桃山茶陶の再現に努めました。

どの作品もダイナミックで、迫力がありました。

 

この展示会は11月10日(日)まで。

この美術館は火曜日が休館ですからご注意を。

特定の日には、見どころトーク・フレンドリートーク・・・などのイベントや点茶席もありますよ。

 

 

信楽焼

今週から、NHKの新しい朝の連続テレビ小説「スカーレット」が始まりました。

舞台が信楽で、陶芸家になる女性の物語というので、楽しみにしています。

「スカーレット」というタイトルに、どういう意味?思っていましたが、

これは「緋色」という意味だそうで、炎の色を指すのだとか。

 

信楽があるのは滋賀県の南の方。

行ったことはありませんが、かなり山がちな所のようです。

信楽というと狸の置物。

町にはたくさんの狸が置かれているようですよ。

 

信楽焼には様々な種類があって、今では植木鉢やタイル、

日用雑器がたくさん作られているようです。

 

一方で、私が「信楽」というと思い浮かべるのが茶道具してのもの。

赤褐色の肌に土の中に含まれた白い長石がプツプツと表面に現れます。

そこに透明感のある自然釉が流れ、

室町以降の茶人に好まれて使われてきました。

 

この信楽地方は、大昔琵琶湖があったのだそうです。

琵琶湖はそんなに大きかったのね!ということではなくて、

琵琶湖は時間をかけて今の位置に移動していったのだとか。

とても不思議な話ですが、琵琶湖があったおかげでこの土が生まれたとのことですよ。

 

信楽の南にある山を越えるとそこは伊賀。

伊賀にも茶道具に使われてきたステキな焼き物があります。

場所が近いせいか、この伊賀焼と信楽焼はとてもよく似ていて、私には区別がつかないことがあります。

お茶のお稽古で先生にこの話をすると、棚から信楽と伊賀の花入を取り出して見せて下さいました。

うーん。さすがに並べてみると違うものですね。

「たくさん見ることよ」と先生はおっしゃいました。

そうですね。信楽も伊賀もいつか訪ねてみたいと思っています。

 

 

一座建立

井上治/著「歌・花・香と茶道」淡交社より
井上治/著「歌・花・香と茶道」淡交社より

お茶のお稽古に通う中で、その歴史にも興味を持つようになりました。

現在は茶道・花道・香道・歌道はそれぞれ独立して継承されていますが、近世にはお茶も花も香も歌も同じ場所で同時に楽しまれていた「寄り合いの文化」だったそうです。

「寄り合いの文化」だったお茶とお花とお香と歌が、どんな風に関わり合いながら歩んできて、その後独立していったのかと興味を持ち、少し本を読んだりしました。

 

そんなことに興味を持っていたら、お茶の関係で春から「連歌の世界」という講座が開かれるというので申し込み、

月一回の講座に半年通いました。

連歌は歌を二人以上で詠み継いでいくもので、長いものは千句、万句というものもあったそうです。

連歌は正に寄り合いの文化。

最初に詠まれた句を理解して受け、それを展開して自身の句を続けて詠み次の人に渡していく・・・

次の人も同様に受けて自分の句を詠み継ぎ・・・というようにどんどん歌がつながっていきます。

 

先日の最終講義は、成蹊大学名誉教授の近藤蕉肝先生。

講義のの内容が面白くてあっという間の2時間でしたが、先生が最後に

「言いたいことはただ一つ、場を共にした人と心を一つにすることです」とおっしゃいました。

現代連歌ではこのことがおろそかになりがちで、ややもすると前の句をきちんと理解して読み継ぐことが忘れられて、

自分の歌をアピールする「個人主義」が見受けられるのだとか。

先生は「お茶には、まだ「座の作法」が生きていますね」ともおっしゃいました。

お茶事などでは、その場に居合わせた人全員の心が一つになる必要があるからですね。

一座建立という言葉もあります。

先生のお話を聞いて、そんな場所に身を置ける自分自身を幸せに思いました。

 

さて、今月は千葉県を襲った台風の残した傷跡に胸を痛めたり、

ずっと調子の悪かったパソコン対策に悪戦苦闘したりしている内に、月末になってしまいました。

パソコンが苦手な私は、パソコンのご機嫌が悪くなるとものすごく疲れます・・・(#^^#)

幸いパソコンのご機嫌も直って、先日復活しました。

 

まだ少し気温が高いですが、だんだん着物を着て出かけようかしら・・・

という季節になってきました。

今年もあと3ヶ月。

これから着付けの勉強をスタートすれば、お正月には着物が着られますよ。

 

 

備前焼

連日猛暑が続いています。

そんな中、岡山・倉敷・しまなみ海道方面に旅行に行ってきました。

何回かに分けて、旅行の様子を書きたいと思います。

 

まず行ったのは伊部(いんべ)。備前焼の故郷です。

ここでお茶事に使える花入を買う予定で、お茶の先生に色々と相談していました。

町には備前焼の店舗が並んでいて私にとっては一日歩いていても飽きないところですが、時間があまり取れませんでした。最初に駅前の「備前焼ミュージアム」を見学してから、隣の伝統産業会館へ。ここには作家別にずらりと作品が並んでいます。ここを一巡りして一応の目星をつけて、ここだけは行きたいと思っていたお店へ行ってみることにしました。それは、今年の冬に東京で「The 備前」という展示会があった際、とても素敵な作品を出展していた若手作家さんのお店です。

町中を流れる不老川
町中を流れる不老川

楽しみにしていましたが、残念ながら夏休み。

後ろ髪を引かれつつ、最初の伝統産業会館に戻りました。

 

何点か目を付けていた物をそれぞれ再確認して、

予算もある中で、一番気に入ったものを選びました。

いつかお披露目の日が訪れますように。



花入をあれこれと探す間にちょっと休憩に入った喫茶店で、頼んだアイスコーヒーが入って出てきた器は正に備前焼。モダンなデザインに「こんな形もあるのね」と思いながら手に取ると、ガラスの器とも陶器の器とも違ったぬくもりのある(?)冷たさが伝わってきました。

口当たりも優しくて、こんなカップが欲しくなってしまいました。

けれど花入の他にカップまで探している時間はなくて、

忘れ物をしたような気持ちで、伊部を後にしました。

 

翌日は倉敷。

前日の備前焼のカップのことが頭から離れず、

倉敷に何軒かある備前焼のお店を覘いて歩きました。

 

 

あちこち歩いて、やっと気に入ったカップに遭遇!

私の手にすっぽりはまる大きさです。

 

「ねえねえ、いいでしょう?」朝、このカップでコーヒーを飲みながら隣の主人に声をかけました。

「ふ~ん」とそっけない返事。

別にいいんです。自分用に自分のお小遣いで買ったんですからね。

大切に使っていこうと思います。

 

 


伊部にある国の特別史跡・旧閑谷学校。屋根瓦は備前焼。
伊部にある国の特別史跡・旧閑谷学校。屋根瓦は備前焼。

展示会と研究会

毎月、月末は何となく慌ただしいです。

今月はそれに夏のような暑さも加わり、ちょっとぐったりですね。

 

そんな中、見たかった展示会とお茶の研究会に行ってきました。

展示会の方は、東京国立博物館の「美を紡ぐ日本美術の名品」展。

皇室が所有する平安から近世に至るまでの名品をあまねく拝見出来るもので展示品も、絵画・書・焼き物など様々です。

とにかく素晴らしいものばかりですから、お時間のある方は足を運んでみて下さい。6月2日(日)までです。

 

この展示会のチケットで、常設展も見ることが出来ます。

実は常設展の方も展示替行われていて、事前に調べて行くと思わぬ名品に会うことが出来ますよ。国立博物館ですから、こちらも見ごたえ十分。

 

お隣の平成館では「東寺」展を開催中。

本館から出て来ると、平成館の入場を待つ列がすぐそこまで伸びていました。この日も夏日だったので、炎天下で並んで待つのも一苦労ですね。


日曜日はお茶の研究会に参加しました。会場は昭和女子大・人見記念講堂。

朝9時20分に受付開始というので、早起きしてお茶の友達と出掛けましたが、

渋谷乗り換えの田園都市線なので、ここから行くのはなかなか大変です。

 

裏千家では年に何回か研究会を実施していますが、実は参加するのは初めて。ステージ上で見本のお点前、それを同じステージ上の先生が講義、その様子がスクリーンに映されて拝見する、というものです。

会場に到着すると既に長い行列が。

洋服OKとのことで私は洋服でしたが、ちゃんとお着物を着ている方も。

 

今回の講義内容は、法磨之式と盆点と入子点。

社中以外の方のお点前を拝見するのも新鮮、先生のお話も「なるほど」とうなずきな      

                 がら伺うこともあって、有意義な一日でした。

 

 

六古窯

今日は5月1日。令和がスタートしました。

今日は日本中がお祝いムードに包まれていますね。

 

GWが始まってから実家に帰っていましたが、今日戻って来ました。

4月下旬はちょっとバタバタしていたので、久しぶりのブログです。

話は少し戻って先月末のこと・・・。

 

出光美術館で開催中の「六古窯」展に行ってきました。

六古釜とは瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前を指しますが、

これらは日本的な焼き物として親しまれてきました。

今回の展示会ではそれぞれの代表作品を展示するとともに、

それらが桃山時代には茶の湯の器として注目されるようになる様子をみることができます。

また青銅器や中国陶器もといった唐物も合わせて展示されていて、

中世の焼き物の魅力を味わえるものとなっています。

 

六古窯という名称は知っていても、一目見て「〇〇焼き」と断言することは

私にはまだまだ難しいです。

今回の展示会ではそれぞれを比較しながら見ることが出来るので、

興味のある方は是非ご覧になって下さいね。

 

さて、出光美術館は皇居のすぐ近くにあるので、美術館の窓から皇居を眺めることが出来ますね。

この日は4月26日。

生憎のお天気で、来たる天皇陛下の御退位や新天皇の御即位を前にひっそりとしていました。

 

ところでこの日、膝の手術をされたお茶の先生も無事退院されました4月は先生が入院されていたのでお茶のお稽古はお休みでしたが、

今月からまた再開です。

季節は既に「風炉」・・・忘れてしまったお点前の記憶を思い起こしながら再びお稽古に通います~。

 

 

百人一首

10月から聴講していたお茶の講座の最終回に出席してきました。

今回の内容は百人一首。とはいっても歌の解釈ではなくて、茶道との関わりの中で考えてみようという内容です。

茶道具の銘を和歌から取ることがありますから、和歌を知っていると理解が深まることがあるのです。

 

今回の先生は、早稲田大学教授の兼築信行先生。

百人一首についてのご本もたくさん出していらっしゃいます。

お茶の盛んな松江のご出身で、お母さまは茶道の先生だとか。

楽しいお話はあっちに飛び、こっちに転がり・・・あっという間の2時間でした。

 

百人一首というのは、「古今和歌集」を含む勅撰和歌集から選ばれた和歌です。

選者は藤原定家と言われていますが、実ははっきりしないのだそうです。

一番多いのが恋愛の歌で、約半分になるのだとか。

 

 

百人一首はかるたにもなっていますね。

もちろん、百人一首が成立した頃からかるただったワケではありませんよ。映画「ちはやふる」のような競技かるたは、明治時代も終わり頃に成立しました。

兼築先生曰く「あれは、歌の内容を知らなくても、覚えさえすれば出来るんです」。早取りを競う競技かるたは、どちらかというとスポーツに近いのだとか。

  

ところでお茶の話ですが、唐絵か墨跡が中心だった茶掛けに、初めて和歌を使ったのが武野紹鴎ですね。

「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」

阿倍仲麻呂の歌です。

武野紹鴎は連歌師だったとも言われ、和歌を三条西実隆に学びました。和歌に造詣が深かったんですね。

 

ところで講義最後に兼築先生が、「和歌は”音”です」おっしゃいました。

皇居での歌会などで、歌がろうろうと詠み上げられますね。

「あーまーのーはーらーーー」

和歌は解釈しようとする前に、まず耳でじっくり聞いてみるのも良いかも知れません。

折角日本人に生まれたんですから、百人一首くらいアタマに入れておきたいものだワ!

と思いますが、色々なことがなかなか記憶できない今日この頃です・・・。